霜月祭|南信州 遠山郷 いろりの宿 島畑

映画『千と千尋の神隠し』のモチーフにもなった遠山郷の霜月祭。

神々が湯治に訪れるというこのアイディアにはモデルとなった祭りがあるのだという。長野県南部の天竜川流域、南信濃村と天龍村に伝わる霜月祭(地域によっては違う名称で呼ばれる)がそれで、宮崎駿監督はテレビでこの祭りの存在を知って強い影響を受けたのだそう / 徳間書店『千と千尋の神隠し ロマンアルバム』より

【神楽の特徴】

毎年12月に入ると遠山郷の9箇所の神社で祭りが行われます。旧暦の霜月の頃は一年のうちで最も太陽の光が弱まり生命の力が衰えることから、日本中の神々を招いてお湯をささげ、自らもその湯を浴びることによって、新たな年の生命再生を願うという信仰を伝えるお祭りです。
神様にも日頃の疲れを癒して頂くという発想は、人間味溢れています。この祭りの起源には諸説ありますが、平安時代~鎌倉時代に宮中で行われていた祭事が遠山郷に伝えられ、ほぼ原形のまま現在に伝承されているとされ、国の重要無形民俗文化財に指定されています。


祭りが盛り上がりをみせるのは、様々な面(おもて)が登場する頃です。この頃から観客の数も増え、社の中は熱気であふれかえります。登場する面は各神社それぞれ特徴をもっており面の数も異なります。まるで、人間の様に様々な表情を見せてくれます。 また、寒さと暗闇と静寂の中で延々と行われる神事で、「さむい、ねむい、けむい」がうたい文句とも言われています。 このうたい文句からも神様へ親近感を感じます。


煮えたぎる釜の湯を素手ではねかける「湯切り」で祭りは最大の見せ場を迎えます。神々は体を浄め、癒される為、豪快に湯切りを行います。霜月祭は周囲にいる人間も神々と一緒に癒される神事でもあります。
湯切りの後、四面(よおもて)が、独特の太鼓のリズムとヨーセヨーセの掛け声にあわせて、観客の中を飛び回りだすと祭りの興奮も最高潮を迎えます。

見学や参拝の方へ

●氏神様(地元の神様)の神事を含めた時間帯です。
●見学の場合は、午後5時以降がよいといわれていますが、翌朝まで行う神社は午後7時以降からが良いようです。
●時間帯は、あくまでも目安としてください。1時間以上早めに行くのが無難かと思われます。
●霜月まつりを行うには、莫大な経費がかかります。この経費は、まつりに訪れる人々の芳志でまかなわれています。観光や研究で見に来られる方々も、できましたら2,000~3,000円で結構ですので、奉納していただけますと、まつりの運営に役立つことと思います。

霜月祭参拝日程

本年度の日程は遠山郷観光協会のサイトをご確認ください。

 

日程

神社

本祭りの
およその時間

釜数

面数

面の登場する
およその時間

木沢

12/1

中立/稲荷神社
八日市場/日月神社
※隔年交互開催
平成23年は
中立/稲荷神社

12:00~0:00

2

25

21:00~

12月の第一土曜日

上島/白山神社

当分の間休止

2

35

-

12月の第一日曜日

小道木/熊野神社

13:00~23:00

2

37

19:00

12月の第二土曜日

木沢/正八幡神社

16:30~6:00

3

32

2:30~3:00

12/16

須沢/
宇佐八幡神社

当分の間休止

2

29

-

和田

12/13

和田/諏訪神社

12:30~0:00

1

41※

21:00~

12/15

尾野島(八重河内)/
正八幡神社

13:00~0:00

1

41※

21:00~

12/23

大町/遠山天満宮

当分の間休止

1

41※

-

上村

12月の第一土曜日

中郷/正八幡宮

11:00~6:30

2

16

5:00~

12/11

上町/正八幡宮

11:00~7:00

2

17

5:30~

12/13

下栗/拾五社大明神

9:00 ~5:00

2

40

0:00~

12/14

程野/八幡神社

11:00~6:00

2

15

4:30 ~